ほろ酔い開発日誌

AI企業のエンジニアのブログです。機械学習、Web開発の技術的お話、ビジネスチックなお話、日常のお役立ち情報など雑多な内容でお送りします。

paper

Bottom-Up型の2D Pose Estimationの最新手法HigherHRNetの紹介

はじめに 今回は、CVPR'20に採録されたBottom-Up型の2D Pose Estimationについて紹介します。 [1908.10357] HigherHRNet: Scale-Aware Representation Learning for Bottom-Up Human Pose Estimation 2D Pose Estimationには大きく2つのパターンがあり、Top-…

Deep Metric Learning (深層距離学習)の動向と実は大して発展していなかった話

はじめに 今回は、近年のDeep Metric Learning (深層距離学習)の発展を再評価して、論文で論じられている程のパフォーマンス向上が実際にはなかったことを実験的に示した論文を紹介しつつ、Deep Metric Learningについて紹介しようと思います。

画像ベースの仮想試着の最新手法 O-VITON [Amazon CVPR'20]のご紹介

はじめに 今回は先日Amazonが公開し、CVPR'20にも採録された最新の仮想試着の論文について説明したいと思います。私自身、同系統の仮想試着の研究を行っていたので、周辺知識や個人的な見解も交えて説明をしたいと思います。背景が長いのですが、読むと仮想…

自然言語処理で活躍するTransformerを取り入れた物体認識モデルDETRの紹介

はじめに 今回は、自然言語界隈に発展をもたらし、デファクトスタンダードとなったTransformerのモデルを物体認識に取り入れた論文(End-to-End Object Detection with Transformers 2020/05/26 on arXiv)を紹介します。

多視点画像による3次元姿勢推定の最新手法Epipolar Transformersの紹介

はじめに 先日公開された3次元姿勢推定の手法であるEpipolar Transformersを紹介します。Human3.6Mという3次元姿勢推定で一般的なベンチマークとして使われるデータセットにおいて、最高精度を達成しています。また、Hand Pose Estimation (手の骨格の推定)…

物体認識モデルYOLOv3を軽く凌駕するYOLOv4の紹介

はじめに 先月、YOLOv4が公開されました。位置づけとしては、物体認識のポピュラーなモデルの1つであるYOLO系統の最新版となります。結果がすごいのはぱっと見分かりましたし、内容も既存の手法をサーベイ・実験頑張って、精度上げていったんだなあくらいの…

CVPR 2019 画像生成系を中心に33選

CVPR2019の論文タイトルを一通り見て、画像生成系を中心にして身体と3Dやネットワーク探索、その他個人的に直近で使えそうなものをピックアップ。そのあたりをさらっと確認してまとめたものになります。★がついているものは後でもっとちゃんと読みたいもので…

Deep Learningにおけるバッチサイズと学習率をどう決めるか

Deep Learningにおいてパラメータを決めるのは面倒くさいです。バッチサイズと学習率もその内の2つです。何かモデルを実装するときは既存研究の論文のバッチサイズと学習率と同じものを使うのが楽ですが、データが変わるだけでも調整が必要になったり、モデ…

GoodfellowさんのGANのオススメ論文10選まとめ (2018/02)

GANの作者のGoodfellowさんがおすすめの10論文を教えていたので、みてみます。Goodfellowさんのコメントに加えて、少し補足的説明を加えています。。基本的には最新の論文をすすめるということでICLR2018のオーラル論文等最新のが多め。